既製品よりも費用がかかる

オーダー家具を依頼するデメリット

部屋のインテリアにこだわる方にとっては、オーダー家具は自分好みの家具を作ってくれるので、取り入れたいサービスですよね。ですが、オーダー家具は既製品より費用が高くなるというデメリットがあります。既製品は元型からたくさん量産できるので、その分安く販売をすることが可能ですが、オーダー家具はゼロから始めるため、素材選びやデザイン料など様々なコストが掛かってしまいます。ですので、予め業者や職人に、予算を提示した上で製作してもらえば想定以上の費用にはなりませんので、しっかりと打ち合わせを行うことをお勧めします。この打ち合わせは場合によっては時間がかかりますが、オーダー家具の完成後にトラブルにならないためにも大切です。

時間をかけて作られるオーダー家具

また、もう一つのデメリットとしては、すぐに手に入らないということが挙げられます。デザインから始まり、設計や使用する素材の検討など、オーダー家具は様々な工程を経て作られますので、既製品に比べると実際に家に配置するまで時間がかかります。ですので、オーダー家具を希望する方は時間の計算をしてから業者に依頼すると良いです。なお、オーダー家具は、この2つのデメリット以外には理想の家具を手に入れられることや、頑丈で耐震性のある家具を作ってもらうことができるというメリットもあります。さらに、高品質の家具となりますので長期間の使用が可能、買い替える必要がありませんので結果的には費用に見合った価値があるサービスとも言えるでしょう。